引越し 東京 新潟

MENU

普通に業者に頼むのがチャーター便?

引っ越し荷物ができる限り短時間で新居に届いてほしい!という方や、一度荷物を出した後は泊まれるところが新居の他にないのなら、少し割高になったとしてもチャーター便を利用した方が良いかもしれません。が、例えば実家から独立する方のように、お先に荷物を転居先まで輸送されても、泊まる場所が確実に用意できる人であれば、荷物が届くまで多少の時間はかかっても、料金がその分下がる混載便を頼むと、コストを抑えた引越しができるのでお得です。

 

引越し業界でいう「チャーター便」とは何かといえば、1世帯の積荷を単体でトラックとかコンテナを利用して運搬するサービスです。

 

逆は「混載便」といいます。

 

混載便はチャーター便と異なり、複数の家族の積荷を同一のトラックorコンテナを用いて運送するサービスを指します。チャーター便の良いところですが、荷物量が1世帯分のみのため、荷物を新居に搬入するときに、別人の荷物を降ろしてしまったり、行方不明になることが少ない点です。また、いつ荷物が届くかわからない混載便と比べ、引越しする側が望む日にちに到着させられます。
そうはいってもチャーター便は、引越す距離が短ければ安くできるのですが、遠方ですとその分だけ費用がかさんでしまうのがデメリットといえます。

 

引越しの手段の1つに「チャーター便」があげられますが、トラックがドライバー付でレンタルできるプランです。
ルール上、「引越し荷物を輸送する」ことしか行わないため、家具家電等の荷物梱包は勿論、トラックへの荷物積み込みも、基本は自分で、あるいは家族や友達が手伝って行います。

 

引っ越しプランの1つにあげられるチャーター便という名称を聞いたことがある人もいるかもしれません。チャーター便には、以下のような特徴があります。・トラックドライバーを業者から連れて来てもらう。・業者からトラックを借りることができる。・顧客自らが荷物を旧居から出し、新居に運び入れる。平たくいうと、引越し料金節約に役立つ方法のうちの1つなのです。

 

引越し業者が作業を開始する時間によって料金が違う?

「午前便」を選択する利点は、引越し業者が1日の始めにする作業であり、特に消耗しているわけではないので、事故率が限りなく低いのです。また、作業スタートの時間は朝8時から9時前後とほぼわかっているので、業者がやってくる時間についてあれこれ想像する必要はありません。そして、作業はお昼までにおおよそ終わってしまいますので、午後からは積荷を解く作業ができるようになります。

 

引越し手段のうち「トラック帰り便」は、業者次第で実現できるか決まるため、なかなか利用できない側面があります。さりとて例をあげれば、遠距離引越しであれば相当コストを抑えられますので、「なんとしてもコスト削減したい!」という方に向いています。荷物が家具だけであれば、関東圏もしくは関西圏なら便もたくさんありますので、興味がでてきたら業者に直接尋ねて下さい。午前便に対して午後便だってあるんです。これは引越しをお昼以降に開始します。ただ午後イチバンに作業を開始できるのかは午前中の作業の進捗状況により流動的になることから、引越し作業開始時刻はマチマチとなることもあるのでそれが理由で確実に作業が開始される朝一便に比べて安いのが一般的です。

 

「朝一便」または「午前便」ですが、こちらは1日のスタートとして執り行う引越し案件を指します。朝8時か9時に始まる場合が多く、積荷が多いかどうかや転居先住所等を前もって業者に連絡しておけば、終わる大体の時間も提示してくれます。とはいえ、その分他より料金は高くなってしまいます。ある依頼を終わらせたトラックが、会社に戻る道中に引越し荷物を運んでもらうというプランを「帰り便」といいます。転居先住所の距離があればあるほど、代金が安くなります。しかしながら、業者のスケジュールに合わせた方法であるため、それを了解できる方に向けた引越し方法です。

 

フリー便を利用すべき人・家族は区内や市内のような短距離よりも距離がかなりある引っ越し〜北海道から東京、千葉から大阪など〜のシチュエーションでしょう。
2トントラックを借りきって一日で作業を終える引越し距離であればやはり朝一からの作業が必要なことが多いでしょう。逆に数日掛かる長距離のケースでは旧居からの荷物の運び出しが遅い時刻になっても荷物が引越し業者の倉庫などで一泊し次の日に長距離の運搬を業者が行い、新居へ荷物を運び入れる流れとなるなら格安になるフリー便がオススメかもしれません。フリー便はかなり安く引越しできますが、これはちゃんと根拠があるのです。仮にちゃんと約束の時刻に来てもらえるのであれば、必ず見積書に載せてもらいましょう。

 

「時間は決まってません」等の記載がある、もしくは何の記載もない場合は気を付けて下さい!そのときは、何時に来るかわからないと思って構いません。

 

頼むときには、それを念頭におくようにしましょう。

 

だからと言ってフリー便がいつも夜遅くに業者がやっと来た!というわけではありませんので、3月や4月上旬に頼むには多少無理があるかもしれませんが、そうではない暇な時期には普通の時刻に業者が到着して作業開始される確率は低くはありません。近場の場合ならラッキーにもその日の最初の作業になりお昼までには終了していることだってあっても不思議ではないのですから。
引越しする際に、「フリー便」の存在を業者に提示されたことはありませんか?それは、引越し時間を業者任せにするプランです。朝のうちやお昼すぎなど、大雑把な目安は伝えますが、結局のところ目安です。

 

引越す本人が引越す時間帯を自由に決めることができない、それがフリー便なのです。
とはいえ大体は、午後の引越しを終わらせてから訪ねることが多いと思われます。

 

 

 

フリー便1番のポイントは、何と言ってもコストがかからないことです!!何もせずとも数万円お安くなるケースもあるみたいです。デメリットをあげるならば、引越しを始める時間もまた「フリー」であることです。
先に入っている作業が片付く時間が遅くなってしまうと、フリー便作業の開始は深夜になることも十分ありえるのです。